中四国の旅行とパズルを詰め込んでおきます


by cadoya21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

謹賀新年 2014年

あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します

という訳で年賀詰です、7手詰

a0113013_1295544.jpg








.
[PR]
# by cadoya21 | 2014-01-04 01:31 | パズル
今夏、昨年亡くなられた故・酒井克彦氏の作品集が出版される見込みと聞いているので、個人的に氏の作品で一番好きな作品の一つを並べて鑑賞してみました。

a0113013_11553912.gif


当時の評価は
誤19 無6 A39 B6 C0
で現在の評点で2.86となりますが、現在の平均評点より0.3~0.5は低い時代なので、天文学的な高評価の作品と言えると思います。

入玉形専門の中編作家と自負する私としては、短編でこれほどの表現力を兼ね備えた作品は”夢のまた夢”のような作品と言えます。




作意は(もっと下に書け!ってか)




















99金、同銀生、78銀、同玉、68金!!、88玉、
78金、同玉、68龍、88玉、98銀、迄11手詰



変化・紛れ

初手より78銀、88玉、89金、97玉、98金、86玉、
87龍、75玉、66銀、74玉、76龍、63玉、65龍、64金合、以下詰まない

2手目同銀成は、78銀、同玉、68龍、89玉、98銀、同玉、
79角、89玉、88龍、迄同手数駒余り

気になったのは、5手目のところです。

当時の解説文を丸写ししてみます。
# 5手目68龍、89玉、98銀、同玉、99角は案外ウッカリする俗手で、
# 以下97玉、98銀、86玉、87銀、①95玉、65龍、85桂合となり
# 龍角金桂でキワドイ所まで行きますが僅かに届きません

ホントかな?と柿木先生に訊いてみると

①95玉、65龍、85桂合以下、96銀、同玉、76龍、86歩合、
87金、95玉、86金、84玉、85金、83玉、84歩、82玉、
94桂、81玉、93桂、92玉、72龍、93玉、83歩成、迄詰み。

①で75玉は以下、76銀、同玉、78龍、77香合、同龍、85玉、
86香、95玉、87桂、96玉、95金、97玉、88龍、86玉、
77龍、97玉、98歩、同玉、88龍、迄詰み。

と、余詰むそうです。
なんか20数年間、信じていたモノが崩れ落ちたような気がします。


しかし故・酒井氏は、
この作品まで4ヶ月連続首位という快挙を達成されてます。
これは、色褪せることない偉業だと、僕は思います。





.
[PR]
# by cadoya21 | 2013-04-12 12:31 | パズル
21時過ぎ、尾道駅へ到着
港を見ると
乗りたい渡船(フェリー)が良いタイミングでやって来てます。
桟橋へ行くとドンピシャで乗れました。

すぐに動き出した渡船から、尾道駅方面を写しました。
a0113013_5582357.jpg

携帯カメラの限界を感じますが、上手い具合にボヤけてます。

渡船へ乗ると、すぐに潮風と共に
尾道独特の潮の香りが僕の鼻をくすぐります。
さらにテンションがヒートアップしてきました。

21:30頃、今晩の民宿「B&B潮風」に到着。
よく駅前旅館という言葉を耳にしますが、
この宿は、さしずめ「港前民宿」です。

尾道には、ピンキリの宿しかありませんが、
駅前近辺でチョイ高のキリの宿に泊まるくらいなら、
こちらにお邪魔するほうが僕的にはお得に感じます。
更に言えば、激安の福山駅前のキリの宿よりも、
安くて便利が良いのですから、言うことありません。

お茶を一杯啜った時、女将さんがこのような内容で話されました。
「オープン以来3000人目のお客様なんですよ」
「やっぱり何か縁があるんですよ、記念写真、良いですか」
という訳で、このブログのようなことになりました。

もう10時間前のズダボロ状態なんか忘れました。
テンション最高潮です、
先月の日本ハム優勝の時よりもテンションが高くなってました。

a0113013_644584.jpg

記念に、この写真の絵葉書と
向島の洋菓子屋さんのクッキー詰め合わせを頂きました。
でもクッキー詰め合わせは、家へ帰るとすぐに
カミさんと娘の別腹というブラックホールへ消えてしまいました。(笑)

まさに興奮して寝れないパターンですが、
疲れているのか、グッスリと4時間は寝ました。



僕の家的な事情で言えば、
曽祖父時代からの縁がある竹村家本館さんとか
中高時代の同級生がいる西山本館さんとか
ピンの宿に泊まらないといけないのでしょうけど・・・



その5へつづく
(ここからがこの旅の主目的です)






.
[PR]
# by cadoya21 | 2012-11-16 06:09 | 尾道ガイド
そして15:30~、岡山市民会館で詰備会に参加。

事前情報では、地元の高校生達が不参加とのことで
19回目にして初の参加者ヒトケタも危惧されてましたが、
僕が12人目の参加者ということで、胸を撫でおろしました。

a0113013_5174768.jpg

青いチョッキ姿が、詰備会世話役の平井康雄さんです。

a0113013_5181030.jpg

左側の大道棋屋さんではありませんが、看寿賞作家の齋藤さん
右側、座っているのが、創棋会次期世話役最有力候補の則内さん
奥のチェック柄が、詰備会世話役で岡山県名人の赤畠さん
右端が、初参加の長谷川琴(しおり)さん

a0113013_5191176.jpg

左手前が、高知の竹村さん
左奥が、インドネシアの・・・いや今はまだ京都の廣瀬さん
中央手前が、東京・町田の利波さん(詰パラ誌大学担当者)
中央奥が、奈良。大和郡山の岩本さん(香龍会世話役)
そして右側が、詰将棋界のカリスマのお一人、看寿賞作家の片山さん

詰備会では30分以上、廊下に出て
則内さんと創棋会の打合せをやってました。
(そんなこと、大阪で出来るやん)

17時、詰備会の1次会が終了
岡山駅方面へ歩いて行く途中にありました。
a0113013_5192784.jpg

その2で紹介した写真のウラです。(つまり表通り)
岡山の「大蔵省」という呑み屋です。

2次会は、西川の「大漁酒場 魚松本店」にて。
長谷川さんがタクシードライバーをされているので、
お店の情報は、非常に詳しいですね。

詰パラ誌11月号81頁に載っていた
自作でコケた某実力解答者が判明しました。
毎年のように創棋会の新年会にて「こんな作品も解けんのか!」と
僕を正座させて説教をしてくれる解答王の方でした。
この時点で、嬉しさの余り、かなりテンションが上がってました。

2次会の途中、廣瀬さんが「岡山の彼女の家へ行く」と退席。
若さ溢れる行動力が羨ましいですね。

2次会の帰り際、片山さんと少しお話しさせて頂きました。

岡山駅からの普通電車
大阪方面へ乗れば、片山さんとご一緒出来るし、
高松方面なら平井さんとご一緒出来るし、
広島方面なら赤畠さんとご一緒出来ます。
今回は、これから尾道へ行くので3駅ですが、
赤畠さんとご一緒させて頂きました。


その4へつづく





.
[PR]
# by cadoya21 | 2012-11-16 05:50 | 旅行メモ
(その2は、スロ好きネタですみません)



ヤケ酒を煽りたかったんですが、なんとか感情を押さえつけて
ヤケスロに走りました。
おそらく大阪で未導入の新台(地元メーカーの岡山先行導入)を見つけて
1万円負けは、まぁ初期投資の範囲内ですので気にせづ・・・

まさかのミリゴで
a0113013_502659.jpg

神降臨(この時12:30、全開マッハ打ち開始)
そして、引き強なのか連チャン(2連目)して冒頭に
a0113013_447334.jpg

再び、神降臨(この時12:43、嬉しい悲鳴状態)、そしてこれを止めると
a0113013_448503.jpg

4連以上確定・・・詰備会の大遅刻確定!!
諦めて全開マッハ打ちもヤメて、普段通りま~たりと打つと
これが12連もして、43K勝ち。
今回の旅行費用の倍以上を稼いでしまいました。
店を出た時、既に15:03・・・

なんんとか最悪の状況は脱しました。
これで涙無しで、なんとか詰備会へ参加出来る筈です。

岡山市民会館へ向かうと
a0113013_542838.jpg

途中、裏通りで見つけちゃいました。
しかし何事にもウラ?があるんです。


その3へつづく





.
[PR]
# by cadoya21 | 2012-11-16 05:06 | 旅行メモ
11月11~12日に帰省してきました。
今迄、体験したことが無いような波乱万丈な一泊二日でした。

11日は雨予報・・・幸い出発時には降り出してませんでした。
神戸・三宮まで阪神電車で行く途中、
西宮までに車窓はポツ・・・・でしたが、
神戸市内に入ると土砂降り状態でした。
三宮では何とかガード下を通り、神姫バスターミナルに辿りつきました。

ここでUSJ行のバスが片道600円と知って驚きました。
何せUSJまでチャリ20分の所から、230円で来てますので。

バスに乗り込むと運転席の真後ろ、そう一番前の席です
岡山へ着く寸前、この記事の速報を目にして
ズドド~~ンと落ち込んでしまいました。
我が愛するアラバマ大学が、まさかの敗戦の報せでした。

岡山駅西口でバスを降りたのですが、
30分ほどしゃがみこんで動けませんでした。

なんとか歩き出し、岡山駅東口へ行き写真を撮りました。
a0113013_4352531.jpg

取り敢えづ、岡山駅の定番ですね

a0113013_4372334.jpg

岡山のチンチン電車

ヤケ酒を煽りたかったんですが、なんとか感情を押さえつけて
ヤケスロに走りました。


その2へつづく




.
[PR]
# by cadoya21 | 2012-11-13 00:29 | 旅行メモ
現在、尾道では


広島アートプロジェクト

尾道百島プロジェクト

「半農半芸+ちょっと漁」



という、アート展覧会が行われています。


場所は、僕が得意とする尾道旧市街ではなく
駅前桟橋から船で40分ほどの尾道市の百島という離島です。
人口570人余り、一周しても10キロ足らづの小さな島を舞台に
新進気鋭のアーティスト達が集結して展覧会を開いてます。

既にオープン前日とオープン初日の二日間で
島の人口と同じくらいの来場者があったと聞いてます。


港の目の前に無料のレンタサイクルが15台あります。
しかし今回のアート展は自転車を使う必要は無さそうです。
島には二つの集落があり、往復しても4~5キロほどなので
是非、歩いて潮風を感じながら観て周って欲しいと思います。

やっぱりね、自動車やバイクに乗って走り回れば楽なんでしょうけど
すぐに通り過ぎて、大事なモノを見落としまくりますよ。
まさに「人生の大損害」です、「人生急がば回れ」が大切です。


僕は、小学生の時に百島へ初めて行きましたが
その時に実は・・・
二つの集落を往復するだけなのに迷子になりました。
子ども会の遠足で、二年先輩(のちに東大へ進学した秀才)と共に。
でも結果的に迷子になっちゃいましたけど、その寄り道のお陰で
30数年経って、再び、この小さな離島に再び訪れる機会を得られたし
また少しでもこのイベントに関われることを有難く感じます。




★百島での注意点

  今回のアート展は、11月24日まで  火曜日定休です。

  島に公衆トイレはありますが、必要最低限の施設しかありません。
  また離島ですので、水が貴重なので大切にしてください。

  飲食物は、出来るだけ島外からお持込願います。
   コンビニや喫茶店をはじめ飲食店は皆無です。
   菓子パン程度を置いてる雑貨店はありますが、全く期待しないで下さい。

   アート展期間中、会場の旧・百島中学校・校舎内に
   「カフェ・ギャラリー」が営業してますが食べ物を提供してません。

  自動販売機はありますが、千円札や500円玉が使えないモノがあります。

  観光客向けのゴミ捨て場も皆無ですので、必ずゴミはお持ち帰り願います。

  離島ですが、野生のイノシシが生息しています。
  見かけたら危険ですので、近づかないようお願い致します。

  島の周りの海は、日本でも有数の潮の干満の差が激しい地域です。
  潮が引いてるからといっても砂浜へ下りるのはご注意願います。
   例えば、大阪の潮は12時間で60センチほどの高低差ですが、
   百島では6時間で3~4mの高低差があります。

  最後に、島の住民の方に会ったら、大きな声で挨拶しましょう
  「こんにちは~、今日は島にお邪魔してま~~す」
  と一言、言うだけで心温まり、そこから人の輪が広がります。



★参考リンク


「半農半芸+ちょっと漁」

「半農半芸+ちょっと漁」ブログ

百島への船 備後商船の時刻表

尾道の潮風を感じるオススメの宿
港前民宿・B&B潮風 さん

百島Net ホームページ

ももしま観光農園




★緊急告知

 11月11日(日)に百島小学校にて学習発表会が行われます。
 一般観覧可能で、百島小中学校体育館で9:30~、です。






.
[PR]
# by cadoya21 | 2012-11-10 03:46 | 尾道ガイド
a0113013_2413557.jpg


a0113013_2414585.jpg


a0113013_2415781.jpg


a0113013_242947.jpg




今回、こうして清水英幸氏の作品集を紹介させて頂きましたが

僕の真意をお話すると2点あります。

まず一つは、最近詰将棋を始められた若い方々に紹介したい気持ち。

もう一つは、自分がこれから作品集を作るにあたって

この一冊を参考にしたいという気持ちです。

前者は見て読んで頂ければ良い話なのですが、

後者は・・・・



この夏、京都にて上田吉一さんとお会いして、重い宿題を頂きました。

「もし詰将棋の作品集を作るなら奇抜なモノを作って欲しい」と。

そこで詰将棋という枠に捉われた奇抜な作品集としては、

「詰む将棋パラダイス」が最高峰の一つだと確信しています。



でも、僕は詰将棋という枠から飛び出した一冊を作りたいと

熱望しています。



さて本当に作れるのか、乞うご期待・・・



(なんて言っても良いのか? 幻に終る可能性のほうが高そうだし)




.
[PR]
# by cadoya21 | 2012-11-10 02:52 | パズル