中四国の旅行とパズルを詰め込んでおきます


by cadoya21
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

駅前旅館は無くなり、港前民宿が出来ちゃった

駅前旅館に泊まるローカル線の旅
(大穂耕一郎(おおほこういちろう)著・ちくま文庫)
という02年に出版された本がある。
元は、96年に出版された「駅前旅館は生きている」(のんぶる舎)
という本だった。

尾道ガイドに、駅前旅館の記述が無いのを思い出し、今回加筆しました。



尾道は山陽本線のほぼ中央に位置し、所謂、ローカル線ではないが、
都会でもないのに駅前の人口が、ほぼ皆無という街である。

僕が子供の頃は、駅の改札を出るとすぐに横断歩道があり、
それを渡って30mほど進むと、駅前桟橋へ突き当たったものだ。
そこを左(尾道大橋側)へ曲がり50mほど進むと一軒の駅前旅館があった。
その裏手にももう一軒、駅前旅館があった。

残念な事に、前者の宿名を思い出せない。
確か、○○さんという女の子の同級生の家だったので、
一度も玄関へ入った記憶が無い。
その上、彼女のお父様は、子供の時に習った剣道の先生だった。
後者は「海山荘(かいざんそう)」という旅館だった。
こちらも□□さんという女の子の同級生の家だったが、
お互いの父親同士も同級生だったので、生家で法事などがあると、
ここで食事会を行うことが多かったので、何度か行った記憶がある。

だが、駅前再開発に伴う区画整理で双方とも道路になっていた。
「海山荘」は、向かいに「海山」という割烹料理屋をすぐに開いていたが、
08年10月末に閉店されたらしい。

尾道駅前に駅前旅館は無くなってしまったが、駅前ビジネスホテルはまだある。
だが、期待すると痛い目に遭いかねないので、ここでは薦めません。
前にも書いたと思うが、尾道旧市街の宿はピンとキリしか無いので
キリを薦める気には、到底ならないというのが本音である。

すると薦められるのは、一泊数万円のピンの宿というのも情けない話なので。



現在の尾道駅の改札を出て、小さい待合を抜け表へ出て左に横断報道があり
渡ると、正面にあった筈の駅前桟橋は、右手200m先へ移動しているが
その建物を目指して歩みを進めると、建物の手前に駅前渡船の桟橋がある。
ここからフェリーへ乗り、対岸の向島を目指す。

目の前に灯台のある小山が見え、その左脇に桟橋があるからそこへ着くのかと
思ったら、その左の川へフェリーが入っていきます。
川を500mほど遡ると別の桟橋が見えてきて、そこでフェリーを降ります。
陸(向島)へ上がるとすぐ左にJFEの門が見えますが、
それとは反対側にある小さな橋を渡り、中学校の校庭を左に見ながら真っ直ぐ
100m弱進むと、右側に小さな看板を立て掛けてあるのが、
港前民宿というにふさわしいB&B潮風さんです。


これを書いている09年2月時点で、要注意点が二つ。

一つは、時期に関係なく、主要交通機関のフェリーは終船時間があります。
22時頃の終船に遅れると、駅前からタクシーで尾道大橋を渡って宿へ行く事に。
タクシーは、尾道駅前~駅前渡船向島側(JFE商事の富美浜の正門前)が
片道2000円前後です。更に尾道大橋150円や深夜割増も?

もう一つは一時的だと思いたいのですが、
08年12月に、前述の川を遡った所にある桟橋が沈没し、修理中とのことで
駅前渡船が休航中なので、別の方法で行かねばなりません。
その方法は、尾道駅から書き直すと

現在の尾道駅の改札を出て、小さい待合を抜け表へ出て左に横断報道があり
渡ると、正面にあった筈の駅前桟橋は、右手200m先へ移動しているが
その建物に背を向けて左(尾道大橋側)へ曲がり300m進むと桟橋があります。
ここから福本渡船(別名:1円ポッポ)というフェリーに乗り、対岸の向島へ。
目の前に灯台のある小山が見え、その左脇に桟橋があり、そこへ着きます。
陸に上がって川沿いに500mほど進むと、左側に最初の橋が見えます。
その橋の角を右へ曲がり中学校の校庭を左に見ながら真っ直ぐ100m弱進むと、
右側に小さな看板を立て掛けてあるのが、港前民宿というにふさわしい
B&B潮風」さんです。


あと、細かい注意点が二つ。

B&B潮風」さんは、一日3組(1組=1~3名)限定の宿です。
ご予約は、お早めに。

あと、フェリーが桟橋に着いたら、降りる方が優先です。
駅前渡船は、自動車は乗れません。
福本渡船は自動車が乗れますが、
フェリーの左側前方の車一台分のスペースは、バイクと自転車優先になります。
人は、フェリーの両端にある待合へ入るか、外で潮風を香るのも一考です。



多分、フェリーで渡るという文化に慣れない方には、
大変不便に感じる民宿かもしれませんが、
尾道を知り尽くしたCADOYAには、潮風を香られる「B&B潮風」さんは
最も尾道らしい宿の一つと思えるので、心からお奨めする次第です。

そう、港前民宿を。
[PR]
by cadoya21 | 2009-02-23 23:33 | 尾道ガイド