中四国の旅行とパズルを詰め込んでおきます


by cadoya21
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

てっぱん

遂に始まりました、NHKの朝の連続ドラマ「てっぱん

第一回目だけを観ましたが、いきなり生家が映ってました。


「がんぼ」という方言が出てきますが、尾道弁ではありません。

尾道の西端にある吉和という地区の方言です。

旧尾道と言われる街中心部では殆ど使われない言葉で

違和感を憶へます


尾道には3つの方言があります。

旧尾道は江戸の言葉に近い方言。

尾道の西端にある吉和は広島弁に近く

尾道の西端にある山波は岡山弁に近い方言です。


僕は旧尾道で生まれ育ち、

鴨方から嫁いだ祖母が岡山弁だったせいか

広島弁に近い吉和の独特の方言には違和感を感じます。

でも3年間通った保育園は、吉和だったのになぁ・・・



ヒロインの生家で焼いていたお好み焼きは、

広島風お好み焼きに絶対必要な調理器具が映ってないので

尾道風お好み焼きのようです、安心しました。

やっぱり食感が全く違うので、僕には

あのベタ~とした広島風お好み焼きが不味く感じます。

まだサクサクの大阪風お好み焼きのほうが食べ易いです。



造船所のシーンもありましたが、

僕の生家の金物屋も船の錨を扱っていましたから

造船所の関連企業だったのでしょう。

尾道で一番大きかった錨屋さんは、

中学の時の家庭科の先生(女性)の実家でした。



自転車で下っていた坂は、路面が綺麗になってました。

昔は、マジでパンクしそうな悪路面でした。

その上、すごい急坂で下った先に平地が無いので

実際には下っても止まれないから下れないんです。

だから撮影では、スタッフさんが身体を張って止めたのでしょうか。


しかし、その急坂を自転車で登っていた俺って・・・・


坂を下りた所にあるのが、千光寺です。

ぶっちゃけ、中学の時の同級生の家です。(苦笑)

千光寺から海へ向けて石段を降りる道を「千光寺道」と言います。

踏切の手前には、映画監督の大林宣彦さんの生家もあります。

僕の生家は、その隣にありました。



ついでに、千光寺の彼の妹が嫁いだのが尾道の持光寺でした。

持光寺には、国宝の仏教画があります。

普段は国宝堂に安置されて実物を観ることが出来ないのですが、

10月30日(土)31日(日)の両日、30数年振りに

御開帳されるそうなので、是非とも足を運んで頂きたいです。

でもこの国宝の仏教画は、

国宝に指定されるまでは普通に本堂で吊ってあったそうです。


こちらの寺には、ウチのお墓もありますが

最近、JR西日本の観光パンフレットへそのお墓が写ってました。

パラパラとめくると4頁で石門の写真の片隅にウチの墓石が・・・・

祖父のそのまた祖父のお墓でしょうか?


この石門の敷居を踏むとバチが当たるから、

もし誤って敷居を踏んだらお詫びに石門の上に石を投げ置き

石門へ向って拝むよう教えられました。

でもね、みんな石を投げちゃうせいか、

石門の周りには石一つ落ちてません。(苦笑)
[PR]
by cadoya21 | 2010-10-01 10:45 | 尾道ガイド

嗚呼、君知るや9九飛

詰将棋界では、誰もが知っている解説文の名フレーズである。

この言葉を生んだ詰将棋作品が発表されて、今月で40周年となる。


a0113013_9264769.gif


詰将棋パラダイス誌1970年11月号
 山本民雄 氏作  半期賞作品



詰将棋パラダイス誌は、今でこそ10月初めに10月号が届くが
昔は10月初めに11月号が届いていた。
なので上記作品は、10月に発表されたのである。



a0113013_9435045.jpg


詰将棋パラダイス誌通巻250号の記念企画
「古今短編詰将棋名作選」にも当然のように転載された本作だったが
その解説文におて謳われた名フレーズが「嗚呼、君知るや9九飛」であった。

詰将棋の解説では、誉め殺すかのように往々として名言が生まれることがある。
本作は、その代表作と言えるであろう。
だが、解説文の知名度に負けない素晴らしい作品であることも確かである。
そうです、40年前に発表されたとは信じ難き輝きを、今も放っています。

最後に、その古今短編詰将棋名作選の解説文を記しておきます
(原文まま/解説:原敏彦氏)


 君知るや9九飛。あの山田修司氏を
もって「肌に粟を生ずる感」と叫ばせ、
詰将棋界を揺がした白眉の中の白眉で
ある。角捨と千鳥銀と鋭い9七飛を配
して、この9九飛が切さ琢磨されたの
である。超越した何かがある。感動を
覚えさせずにおけぬ何かがある。半期
賞受賞作、嗚呼、君知るや9九飛。




【解答】
2七角、同馬、9九飛、3八玉、5七銀、3七玉、
4八銀、3八玉、3七銀、同玉、9七飛、迄11手詰

3手目7九飛は、6手目7八歩合で逃れる
[PR]
by cadoya21 | 2010-10-01 09:53 | パズル